診療案内:はやし歯科医院

診療案内

根管治療

歯周病

根管治療(歯内療法)とは、細菌に感染してしまった歯髄を取る「抜髄」や、感染根管に対して行う「感染根管治療」などのことです。

通法としてはリーマー、ファイルなどの器具で細菌感染した歯質を削り取り、ガッタパーチャというゴムのようなもので根管内を緊密に填塞し、その後詰め物をしたり、クラウンを被せたりします。

ガッタパーチャの代わりに、カルシペックスやビタペックスなどの水酸化カルシウム製剤を使用する場合もあります。
マイクロスコープによる根管治療についてラバーダムをして、マイクロスコープによる根管治療を行えば、根管治療が成功するというわけではありません。

マイクロスコープを使用して根管治療を行う最大のメリットは、再治療の確率が非常に少なくなるというだけです。人は神様ではないので、100%完璧な治療はできませんが、それでもマイクロスコープを使用するのは、自己満足や趣味のためではなく、できるだけ100%に近づくための執念とご理解ください。

当院では、生体適応材料による物理的な閉鎖を、根管治療の目標にはしておりません。生体の生物学的閉鎖を目標にしたいと考えておりますので、根管治療に6ヵ月以上の経過観察期間を要することは、しばしばです。治療直後に良好な結果がでないこともありますので、ご承知おきください。

<お断り>マイクロスコープによる根管治療は、当院では、保険治療では行っておりません。

根管治療をマイクロスコープによる自費治療を行った場合、歯の回復(例えば、クラウン)も自費治療となります。歯の回復だけを保険治療にすることは、混合診療になるので、できません。

矯正

歯周病

矯正とは、歯科領域では歯並びを良くする治療のことを言います。
矯正治療を行って歯列不正を改善することによって次のようなメリットがあります。

  • 審美性(見た目)の向上。
  • 歯並びが良くなることによる、清掃性の向上。
  • 清掃性の向上に伴う、虫歯・歯周病の予防。
  • 咀嚼能率の向上。
  • 正しい発音の獲得。
  • 心理的な面での好影響。

審美歯科

審美歯科とは、一般の歯科治療よりも、より見た目を重視して行われる歯科治療のことです。
しかし、審美と機能を両立させることは時に困難な場合もあり、審美を追及するためには健康を犠牲にせざるを得ない場合も少なくありません。

また、審美歯科を名乗るために特別な資格は必要無いため、誰でも審美歯科と名乗ることができます。(最近では、美容歯科と名乗っている歯科医院もあります)

そのため、審美歯科を標榜しているからといって必ずしも審美的な治療ができるとは限らず、審美的な治療を求める場合には、通常の歯科治療を受ける時以上に、患者さんの慎重さ、歯科医師を見極める目が必要になります。

予防

虫歯や歯周病は一度重症化してしまうと取り返しが付かなくなることがあるので、重症化しないようにしっかりと予防をすることが何よりも重要です。定期検診など、普段からのメンテナンスをおすすめします。

歯周病

歯周病

歯周病(歯槽膿漏)は、歯を支えている歯槽骨などの歯周組織が破壊される疾患です。若年者が歯を失うのは虫歯が原因であることが多いのですが、40代を過ぎてから歯を失う最大の原因はこの歯周病です。

歯周病には痛みなどの自覚症状がほとんどありません。そのため、気が付いた時にはすでに手遅れになってしまっていることが多いというのが、歯周病の最も恐ろしいところです。

アクセス 埼玉県朝霞市根岸台2-1-47 ロイヤルメゾン1F TEL 048-463-7070
【カードの取り扱いについて】

 ※以下、取り扱いカードとなります

   ・JCB
   ・VISA
   ・MASTER